Grave und Allegro non tanto(Sonate?) from Keyper's Collection DF.195

This Work is Kuhlau’s. It is rewritten the modern music from manuscript score of disciple Anton Keyper of Kuhlau (no date).
It is the music of introduction and the sonata form. The composed year is unknown. It is not clear whether that was composed as the first movement of any sonata music, or that would be used to materials of composition for Keyper.
This work “Adagio und Allegro con brio” is registered as DF.Nr.195 in Dan Fog’s catalog.
Phrasing, dynamic is not written. Dynamic of the sound source is the interpretation of Mr. Tossy.

この曲はクーラウ作品です。クーラウの弟子アントン・カイパーの筆写譜(日付け無し)から現代譜に書き直しました。イントロダクションとソナタ形式の楽曲です。作曲年は不明です。ソナタ楽曲の第1楽章として作曲したものか、カイパーの作曲の教材に使ったものか不明です。
ダン・フォグはAdagio und Allegro non tanto, Nr.195としています。
フレージング、ダイナミックは書かれていません。音源のダイナミックはTossy氏の解釈です。悪しからず。

You can listen.

QuicktTime
MID
Mp3


Anton Keyper's Handwriting

 

Uploaded 26.07.2013